シラバス参照

授業情報/Class Information

科目一覧へ戻る 2021/09/17 現在

基本情報/Basic Information

開講科目名
/Course
授業・教材研究Ⅱ/Tuition and Teaching Materials Research Ⅱ
時間割コード
/Course Code
L2416030_L2
開講所属
/Course Offered by
教育学研究科教職開発専攻/Graduate School of Education Course Specializing in Professional Development in Education
ターム・学期
/Term・Semester
2021年度/Academic Year  第3クォーター/3Q
曜限
/Day, Period
木/Thu 1, 木/Thu 2, 木/Thu 3, 木/Thu 4
開講区分
/Semester offered
第3クォーター/3Q
単位数
/Credits
2.0
学年
/Year
1,2,3,4
主担当教員
/Main Instructor
豊田 充崇/Toyoda Michitaka
科目区分
/Course Group
 
授業形態
/Lecture Form
教室
/Classroom

担当教員情報/Instructor Information

教員名
/Instructor
教員所属名
/Affiliation
豊田 充崇/Toyoda Michitaka 教育学部(教員)
宮橋 小百合 教育学部(教員)
谷尻 治 教育学部(教員)
伊澤 真佐子/Izawa Masako 教育学部(教員)
藤本 典子 教育学部(教員)
南垣内 智宏/Minamigaito Tomohiro 教育学部(教員)
授業の概要・ねらい
/Course Aims
学校における現代的な教育課題や育てる児童生徒像に照らした学習指導における単元構想と教材研究に関する理論および方法・技能を習得し、その理論や技能等を用いた効果的な授業デザインができることを目標とする。また、自らが設定した実践課題や実習に即した素材・教材の検討を行い、その成果を活かした単元計画・学習指導案等をまとめることを通して、教材開発・授業設計を行う能力を培う。
到達目標
/Course Objectives
①単元学習についての正確な知識を獲得する。
②子どもの実態に即した単元目標の設定と指導案の作成ができる。
③教材についての正確な知識を習得する。
④教材研究のスキルと教材を活用した授業計画を立てることができる。
教科書
/Textbook
教師になる「教科書」―未来の教師・新任教師 困らないための必修実務ー(小学中学実践編)、小学館(2018)を購入すること。
参考書・参考文献
/Reference Book
特に指定しない。
履修上の注意 ・メッセージ
/Notice for Students
履修する上で必要な事項
/Prerequisite
授業時間外学修についての指示
/Instructions for studying outside class hours
本授業の授業計画に沿って、準備学習と復習を行ってください。
さらに、授業内容に関連する課題に関する調査・考察を含めて、毎回の授業ごとに自主的学習を求めます。
1単位の学修のために必要な学修量は、授業時間と予習復習の時間をあわせて45時間と定められており、それぞれに見合う自主的学習時間が求められています。「履修手引」もあわせて参照してください。
その他連絡事項
/Other messages
科目ナンバリング
/Course Numbering
L5426302J
成績評価の方法・基準
/Grading Policies/Criteria
「授業の到達目標及びテーマ」について、以下の成果で評価を行う。
①②は単元構想図や単元指導計画フォーマット、学習指導案により評価する。
②③④は開発教材とその発表内容により評価する。
授業理解を深める方法
/How to deepen your understanding of classes
当科目は、(7)発展的な課題に取り組むことを促す仕掛けを伴う学習、(8)学生による発表をともなう学習、(10)グループワークを伴う学習、を繰り返し実施する。 また、(5)学生自らが具体的なテーマや対象を設定する学習を実施し、 (11)学生が自身の学修進展の状況や到達レベルなどを客観的に把握・確認できる仕掛けをともなう学習と関連づけている。  
当科目は、講義及び検討・協議・発表を繰り返し実施し、各自の振り返りの共有もおこないます。
履修を推奨する関連科目
/Related Courses
オフィスアワー
/Office Hours
火曜日9:10~12:20 豊田研究室(実103)
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
1 9月2日 単元と単元構想

2 9月2日 単元を見通した授業とは(示範授業)
3 9月9日 単元研究①(言語活動に重点をおいた単元研究)
4 9月9日 単元研究②(主体的・対話的な学びに重点をおいた単元研究)
5 9月16日 単元研究③(活用/探究に重点をおいた単元研究)
6 9月16日 単元構想と学習指導案発表①(模擬授業含む/初等教育編)
7 9月30日 単元構想と学習指導案発表と検討会①(初等教育編)
8 9月30日 単元構想と学習指導案発表②(模擬授業含む/中等教育編)
9 10月7日 単元構想と学習指導案発表と検討会②(中等教育編)
10 10月7日 教材とは何か
11 10月14日 教材研究の具体的方法①(国語科・算数科を例に)
12 10月14日 教材研究の具体的方法②(社会科・理科を例に)
13 10月21日 教材研究に基づいた授業デザイン
14 10月21日 教材の活用と検討会①(模擬授業含む/初等教育編)
15 10月28日 教材の活用と検討会②(模擬授業含む/中等教育編)

科目一覧へ戻る