シラバス参照

授業情報/Class Information

科目一覧へ戻る 2021/09/16 現在

基本情報/Basic Information

開講科目名
/Course
教育学特論AⅡ/Advanced lecture of pedagogy AⅡ
時間割コード
/Course Code
L2316007_L2
開講所属
/Course Offered by
教育学研究科/Graduate School of Education
ターム・学期
/Term・Semester
2021年度/Academic Year  第3クォーター/3Q
曜限
/Day, Period
金/Fri 3
開講区分
/Semester offered
後期/the latter term
単位数
/Credits
2.0
学年
/Year
1,2
主担当教員
/Main Instructor
越野 章史/Koshino Shohji
科目区分
/Course Group
_ 
授業形態
/Lecture Form
教室
/Classroom

担当教員情報/Instructor Information

教員名
/Instructor
教員所属名
/Affiliation
越野 章史/Koshino Shohji 教育学部(教員)
授業の概要・ねらい
/Course Aims
「主体性の生産」という観点から、民主主義社会において必要な主体性がどのようなものであり、教育がそのような主体性の生産に携わることができるのか否かを、欧米の民主主義思想・教育思想を手がかりに考究する。
到達目標
/Course Objectives
今日の民主主義と主体性の問題をめぐる理論動向の概要を把握する。
教科書
/Textbook
講義内で講読する文献を選定するので、各自で入手すること。
参考書・参考文献
/Reference Book
授業内で多数紹介する。
履修上の注意 ・メッセージ
/Notice for Students
特になし
履修する上で必要な事項
/Prerequisite
特になし
授業時間外学修についての指示
/Instructions for studying outside class hours
授業計画欄に挙げた人物に限らず、民主主義と教育に関する思想家・実践家の他の著作を広く読むことで、授業内での討論を深めてほしい。1単位の学修のために必要な学修量は、授業時間と予習復習の時間をあわせて45時間と定められており、それぞれに見合う自主的学習時間が求められています。「履修手引」もあわせて参照してください。
その他連絡事項
/Other messages
使用教室:初回は越野研究室(南319)まで
科目ナンバリング
/Course Numbering
L5421204J
成績評価の方法・基準
/Grading Policies/Criteria
文献報告の分担、討論時の発言内容等が50%を占めるものとする。講義内容の理解を問う単位認定試験の結果が残りの50%を占める。
授業理解を深める方法
/How to deepen your understanding of classes
(8)学生による発表をともなう学習 (10)グループワークをともなう学習
履修を推奨する関連科目
/Related Courses
特になし
オフィスアワー
/Office Hours
水曜3限 越野研究室(南319) ※要メール予約
No. 回(日時)
/Time (date and time)
主題と位置付け(担当)
/Subjects and instructor's position
学習方法と内容
/Methods and contents
備考
/Notes
1 1 第1回:オリエンテーション、概説「民主主義社会における主体性の諸問題」 講義、学生の発表、グループワーク
2 2 第2回:J.J.ルソー『エミール』の問題提起 講義、学生の発表、グループワーク
3 3 第3回:E.ドモラン『新教育』の求める主体性 講義、学生の発表、グループワーク
4 4 第4回:植民地主義と教育 講義、学生の発表、グループワーク
5 5 第5回:M.モンテッソーリにおける幼児の自由と規律 講義、学生の発表、グループワーク
6 6 第6回:J.デューイのモンテッソーリ批判 講義、学生の発表、グループワーク
7 7 第7回:J.デューイにおける子どもの自由と規律 講義、学生の発表、グループワーク
8 8 第8回:J.デューイにおける共同体 講義、学生の発表、グループワーク
9 9 第9回:J.デューイにおける公衆と主体性 講義、学生の発表、グループワーク
10 10 第10回:新教育、進歩主義教育の挫折 講義、学生の発表、グループワーク
11 11 第11回:フリースクール運動と脱学校論 講義、学生の発表、グループワーク
12 12 第12回:I.イリッチの主体性論 講義、学生の発表、グループワーク
13 13 第13回:P. フレイレ『被抑圧者の教育学』 講義、学生の発表、グループワーク
14 14 第14回:民主主義社会の現状からの、主体性への問い 講義、学生の発表、グループワーク
15 15 第15回:総括討論
単位認定試験
講義、学生の発表、グループワーク

科目一覧へ戻る