吉野研究室(Yoshino Lab.)(コミュニケーションデザイン研究室)|和歌山大学 システム工学部 社会情報学メジャー

支部大会奨励賞:明松悠太さん(大学院2年)

論文名:「遠隔会話時の表示画面制御による遠隔対話者の存在感強調手法の提案」

学会名等:2019年度 情報処理学会関西支部 支部大会

2019年9月23日

  • 論文の概要
    • 近年,会話は,対面だけではなく,遠隔地間においても行われている.遠隔地間の場合では,携帯電話やスマートフォンを用いた音声通話,Skypeを用いたビデオ会話を用いた通話が挙げられる. これらの機器やソフトウェアによって,ある特定の場所の1か所に集まる必要がなく,電話回線やネットワーク設備が整っていれば,どこでも会話を行えるようになっている. しかし,遠隔地間の会話において,2地点以上の遠隔会話において,各地点の人数の偏りが発生する場合がある.このとき,立場が対等であっても,人数の偏りが発生した場合,複数人(多人数)側で会話が盛り上がることによって,少人数側の参加者が注目されなくなると,鈴木らは指摘している.これは,複数人側での会話が盛り上がることで,少人数側が「会話から置いていかれている」ということが起きるという問題につながる. そこで本研究では,遠隔地間の会話において,少人数側において「会話から置いていかれている」「会話に参加したい」ことを示す画面制御を行う強調手法を提案する.ここでは,あえて自身の姿を弱く点滅させるという表現方法を用いる.この手法による,遠隔地間の会話において「会話から置いていかれている」という状況の改善,「会話に参加したい」という意思表示を会話中にスムーズに伝えることを目指す.
  • 提案手法の概要
  • 提案システムの構成のスライド
  • 発表時の様子
  • 発表時の様子
  • 受賞時の様子
  • 受賞時の様子