ここから本文

学会発表(国内)

2019年度

  1. 2-ブロモ-2-メチルプロパンアミド部位を有する溶媒分散性シリカナノ粒子の合成と原子移動ラジカル重合反応の検討 中原佳夫,城谷直也,横山翔太郎,矢嶋摂子,木村恵一 第68回高分子学会年会 大阪府立国際会議場 pp. 2Pe001 (2019年5月)
  2. プラズマ処理およびUV照射を経由するPENフィルムの表面修飾とその無電解めっきへの応用 玉井聡行,渡辺充,小林靖之,小畠淳平,中原佳夫,矢嶋摂子 第68回高分子学会年会 大阪府立国際会議場 pp. 2Pf118 (2019年5月)
  3. 中空銀ナノシェルの屈折率感度に及ぼす粒子形状の影響と基板への固定化の検討 村上大夢,門晋平,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.I1101 (2019年9月)
  4. デンドライト状銀ナノ粒子の特異な局在表面プラズモン共鳴とその離散双極子近似シミュレーション 門晋平,中野結子,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.I1102 (2019年9月)
  5. 有機溶媒中における焼結促進剤を用いたトリ-n-オクチルホスフィンオキシド修飾銀ナノ粒子の室温焼結 岡田宗一郎,中原佳夫,渡辺充,玉井聡行,小林靖之,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.I1103 (2019年9月)
  6. アスコルビン酸を用いる硫化銅ナノ粒子の合成とプラズモン共鳴波長制御の検討 田村聖志,門晋平,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.I1109 (2019年9月)
  7. スルホベタイン誘導体化学修飾ポリ塩化ビニルを膜材料とするイオンセンサーの性能と生体適合性 澁谷薫,藤井愛美,田中陸生,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.P3048 (2019年9月)
  8. L-アルギニンをゾル-ゲル反応の触媒として用いるシリカナノ粒子への近赤外蛍光色素固定化の検討 中嶋幸穂,中原佳夫,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.G3006 (2019年9月)
  9. 異なる構造の炭素鎖を有するアルキル硫酸ナトリウムの混合水溶液における界面粘弾性と泡沫特性の関係 青野恵太,鈴木不律,蓬田佳弘,岡野哲也,門晋平,中原佳夫,矢嶋摂子 日本分析化学会第68年会 千葉大学西千葉キャンパス pp.G3103 (2019年9月)
  10. UV照射と高分子電解質多層膜形成を経由するPENフィルムの表面修飾とその無電解めっきへの応用 玉井聡行,渡辺充,小林靖之,小畠淳平,中原佳夫,矢嶋摂子 第68回高分子討論会 福井大学文京キャンパス pp.1E03 (2019年9月)
  11. エンチオール反応により紫外線重合させた有機薄膜トランジスタ用ポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜 山根健一郎,中上智章,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第67回応用物理学会春季学術講演会 上智大学四谷キャンパス pp. 12p-PA5-28 (2020年3月)
  12. 中空シリカナノロッド内部への疎水性側鎖を有するポリペプチドの導入反応の検討と水分散性の評価 岡山達哉,中原佳夫,矢嶋摂子 日本化学会第100春季年会 東京理科大学野田キャンパス pp. 2C1-14 (2020年3月)
  13. 焼結剤と還元剤を含む有機溶媒中におけるCu@Agナノ粒子の融合性の検討 岡田宗一郎,中原佳夫,渡辺充,玉井聡行,小林靖之,矢嶋摂子 日本化学会第100春季年会 東京理科大学野田キャンパス pp. 2C1-15 (2020年3月)
  14. 中空ポーラス銀ナノシェルの合成と評価 門晋平,西浦將司,矢嶋摂子 日本化学会第100春季年会 東京理科大学野田キャンパス pp. 2C1-16 (2020年3月)
  15. 多波長励起光を用いた光熱変換顕微鏡による金ナノ粒子の粒子径識別 中原佳夫,宮崎淳,西中信貴,家永隆史,矢嶋摂子 日本化学会第100春季年会 東京理科大学野田キャンパス pp. 2C1-17 (2020年3月)
  16. 極低濃度のポリプロピレングリコールがビス(2-エチルヘキシル)スルホコハク酸ナトリウム水溶液の気-液界面レオロジー特性に与える影響 青野恵太,鈴木不律,蓬田佳弘,岡野哲也,門晋平,中原佳夫,矢嶋摂子 日本化学会第100春季年会 東京理科大学野田キャンパス pp. 2D5-44 (2020年3月)

2018年度

  1. PENフィルムの無電解めっきのための高分子電解質多層膜形成による表面修飾 玉井聡行,渡辺充,小林靖之,中原佳夫,矢嶋摂子 第67回高分子学会年会 名古屋国際会議場 pp. 2Pf120 (2018年5月)
  2. 原子移動ラジカル重合を用いて合成した高分子被覆セレン化銀量子ドットの水溶液中における分散安定性 中原佳夫,国津洋希,尾崎信彦,田中陸生,矢嶋摂子 第78回分析化学討論会 山口大学 pp. P2037 (2018年5月)
  3. フレキシブル基板の無電解めっきにおける高分子/金属界面の微細構造制御 玉井聡行,渡辺充,小林靖之,小畠淳平,中原佳夫,矢嶋摂子,姜俊行,喜多あずさ 第67回高分子討論会 名古屋国際会議場 pp. 1N04 (2018年9月)
  4. 生体試料の測定を目指した生体適合性材料を用いるイオンセンサーの開発, 矢嶋摂子 日本分析化学会第67年会 東北大学川内北キャンパス pp.C1010R (2018年9月)
  5. スルホベタイン誘導体化学修飾ポリ塩化ビニルを膜材料とするイオンセンサーのアルキル鎖長がセンサー性能へ及ぼす影響 澁谷薫,田中陸生,矢嶋摂子 日本分析化学会第67年会 東北大学川内北キャンパス pp.C1012 (2018年9月)
  6. 中空銀ナノシェルの屈折率感度の評価とプラズモン共鳴波長に対する依存性 門晋平,高岡和也,矢嶋摂子 日本分析化学会第67年会 東北大学川内北キャンパス pp.D1010 (2018年9月)
  7. 中空銀ナノシェル生成の自己触媒反応モデルに基づく速度論的解析と反応機構の提案 西浦將司,門晋平,矢嶋摂子 日本分析化学会第67年会 東北大学川内北キャンパス pp.D1012 (2018年9月)
  8. トリ-n-オクチルホスフィンオキシドを用いる銀ナノ粒子の配位子交換と銀の融合性の評価 岡田宗一郎,中原佳夫,渡辺充,玉井聡行,矢嶋摂子 日本分析化学会第67年会 東北大学川内北キャンパス pp.D3007 (2018年9月)
  9. ジ‐2‐スルホこはく酸ナトリウム/アルキル硫酸ナトリウム混合水溶液における疎水基の構造が界面粘弾性挙動に与える影響 青野恵太,鈴木不律,蓬田佳弘,岡野哲也,門晋平,中原佳夫,矢嶋摂子 日本分析化学会第67年会 東北大学川内北キャンパス pp.D3007 (2018年9月)
  10. スルホベタイン誘導体を化学修飾した可塑化ポリ塩化ビニル膜の同定とイオンセンサー性能の評価 澁谷薫,田中睦生,矢嶋摂子 日本化学会第99春季年会 甲南大学岡本キャンパス pp. 1E1-43 (2019年3月)
  11. 有機薄膜トランジスタ用ポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜の光重合開始剤検討 秦野航輔,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第66回応用物理学会春季学術講演会 東京工業大学 pp. 9p-PA2-12 (2019年3月)
  12. Room-Temperature Sintering of Tri-n-octylphosphine-oxide-capped Silver Nanoparticles Using Chloride Salt as Sintering Agent Soichiro Okada, Yoshio Nakahara, Mitsuru Watanabe, Toshiyuki Tamai, Yasuyuki Kobayashi, Setsuko Yajima The 99th CSJ Annual Meeting Okamoto Campus, Konan University pp. 1I2-45 (Mar. 2019)
  13. アスコルビン酸ナトリウムを用いるチオシアン酸銀の還元によるデンドライト状銀ナノ粒子の合成 中野結子,門晋平,矢嶋摂子 日本化学会第99春季年会 甲南大学岡本キャンパス pp. 1I2-46 (2019年3月)
  14. 中空銀ナノシェルの形状変化に影響を及ぼす速度論的因子 西浦將司,門晋平,矢嶋摂子 日本化学会第99春季年会 甲南大学岡本キャンパス pp. 1I2-47 (2019年3月)
  15. チオシアン酸銀の還元による銀クラスター形成を介した中空銀ナノシェル生成の反応速度定数の温度依存性 西浦將司,門晋平,矢嶋摂子 日本化学会第99春季年会 甲南大学岡本キャンパス pp. 1E2-57 (2019年3月)
  16. ビス(2-エチルヘキシル)スルホコハク酸ナトリウム/アルキル硫酸ナトリウム混合水溶液における炭素鎖長が気-液界面粘弾性挙動に与える影響 青野恵太,鈴木不律,蓬田佳弘,岡野哲也,門晋平,中原佳夫,矢嶋摂子 日本化学会第99春季年会 甲南大学岡本キャンパス pp. 3I1-47 (2019年3月)

2017年度

  1. スルホベタイン誘導体化学修飾ポリ塩化ビニル膜を膜材料とするイオン感応膜のセンサー性能 澁谷薫,新谷望,石垣裕真,田中睦生,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.Y1043 (2017年5月)
  2. 2-テノイルトリフルオロアセトン誘導体を化学修飾したシリカゲルによるネオジムの吸着および回収の検討 橋本隼,岩橋香純,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.Y1063 (2017年5月)
  3. 流動油面上真空蒸着法および熱分解法で合成された銀ナノ粒子のオレイン酸からオクタン酸への配位子交換反応の比較検討 岡田宗一郎,中原佳夫,家永隆史,渡辺充,玉井聡行,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.Y1083 (2017年5月)
  4. 金ナノロッド近傍の多孔性シリカ層への近赤外蛍光色素の固定化と発光増強効果, 津多貴也,中原佳夫,玉井聡行,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.Y1085 (2017年5月)
  5. リン酸銀を前駆体とする銀ナノシェルの合成と評価, 古谷雄哉,門晋平,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.Y1086 (2017年5月)
  6. チオシアン酸銀の還元による中空銀ナノシェル生成反応の速度論的解析と反応機構の検討, 西浦將司,門晋平,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.Y1087 (2017年5月)
  7. 有機リン化合物修飾シリカゲルを用いる白金吸着の検討, 明剛史,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.P2035 (2017年5月)
  8. 原子移動ラジカル重合に基づく中空シリカナノロッド内部へのアントラセン部位の導入法の開発, 斎藤聖,中原佳夫,矢嶋摂子 第77回分析化学討論会 龍谷大学 pp.P2039 (2017年5月)
  9. プラズマ処理と高分子電解質多層膜形成によるPENフィルム表面の修飾とその無電解めっきへの応用 玉井聡行,渡辺充,中原佳夫,矢嶋摂子 第66回高分子学会年会 幕張メッセ pp.3Pa131 (2017年5月)
  10. ポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜の紫外線重合用低分子架橋剤の検討 岡田秀一,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第77回応用物理学会秋季学術講演会 福岡国際会議場 pp.8a-PA3-19 (2017年9月)
  11. 中空銀ナノシェルの特異な消光スペクトル変化の離散双極子近似シミュレーションに基づく解析, 門晋平,西浦將司,矢嶋摂子 日本分析化学会第65年会 東京理科大学葛飾キャンパス pp.O2019 (2017年9月)
  12. チオシアン酸銀の還元による中空銀ナノシェル生成反応の速度論的解析:チオシアン酸イオン濃度が反応速度に及ぼす影響, 西浦將司,門晋平,矢嶋摂子 日本分析化学会第65年会 東京理科大学葛飾キャンパス pp.O2020 (2017年9月)
  13. 中空銀ナノシェル-ナイルレッド複合体におけるプラズモン-エキシトンカップリング 宮路優実, 味村知香, 門晋平, 矢嶋摂子 日本化学会第98春季年会 日本大学船橋キャンパス pp.1E4-47 (2018年3月)
  14. 配位子交換反応が銀ナノ粒子の結晶子サイズへ与える影響 岡田宗一郎, 中原佳夫, 家永隆史, 渡辺充, 玉井聡行, 矢嶋摂子 日本化学会第98春季年会 日本大学船橋キャンパス pp.1E4-49 (2018年3月)
  15. チオシアン酸銀の還元による中空銀ナノシェル生成反応のAvramiモデルに基づく速度論的解析 西浦將司, 門晋平, 矢嶋摂子 日本化学会第98春季年会 日本大学船橋キャンパス pp.1E4-51 (2018年3月)
  16. Formation of diode containing LbL film at its p-n interface by electrodeposition, 渡辺充,玉井聡行,中原佳夫,矢嶋摂子 日本化学会第98春季年会 日本大学船橋キャンパス pp.1PB-131 (2018年3月)

2016年度

  1. 交互積層薄膜を利用したPENおよびPETフィルムの無電解ニッケルめっき 玉井聡行,渡辺充,中原佳夫,木村恵一,姜俊行,喜多あずさ 第65回高分子学会年会神戸国際会議場 pp. 1Pd024 (2016年5月)
  2. 金ナノロッド近傍の多孔性シリカ層への色素の固定化による近赤外蛍光センサー材料の開発 中原佳夫,武田涼子,津多貴也,玉井聡行,矢嶋摂子,木村恵一 第76回分析化学討論会 岐阜薬科大学 pp.E1021 (2016年5月)
  3. 中空銀ナノシェルの簡便合成とプラズモンセンシングへの応用 門晋平, 横峯翔一, 古谷雄哉, 矢嶋摂子, 木村恵一 第76回分析化学討論会 岐阜薬科大学 pp.B2023 (2016年5月)
  4. プラズモン電場増強のためのキューブ型中空銀ナノシェルの合成と形状評価, 古谷雄哉,門晋平,矢嶋摂子 日本分析化学会第64年会 北海道大学札幌キャンパス pp.I1014 (2016年9月)
  5. 流動油面上真空蒸着法で製造された銀ナノ粒子表面におけるオレイン酸からオクタン酸への配位子交換反応の検討, 中原佳夫,岡田宗一郎,家永隆史,渡辺充,玉井聡行,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第64年会 北海道大学札幌キャンパス pp.I1018 (2016年9月)
  6. ホスホリルコリン誘導体化学修飾ポリ塩化ビニルを用いたニュートラルキャリヤ型イオンセンサー, 新谷望,石垣裕真,澁谷薫,田中睦生,矢嶋摂子 日本分析化学会第64年会 北海道大学札幌キャンパス pp.P3020 (2016年9月)
  7. 紫外線重合したポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜を用いたペンタセン薄膜トランジスタのキャリア移動度に対する低分子架橋剤の影響 岡田秀一,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第76回応用物理学会秋季学術講演会 朱鷺メッセ pp.16p-P7-14 (2016年9月)
  8. ポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜の表面平坦化によるペンタセン薄膜トランジスタのキャリア移動度向上 道浦大祐,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第76回応用物理学会秋季学術講演会 パシフィコ横浜 pp. 15a-302-7 (2017年3月)
  9. ハロゲン化銀の還元による中空銀ナノシェルの合成の検討と評価 古谷雄哉,門晋平,矢嶋摂子 日本化学会第97春季年会 慶應大学日吉キャンパス pp.2B5-48 (2017年3月)
  10. チオシアン酸銀の還元による中空銀ナノシェルの生成と形状変化の速度論的解析 西浦將司,門晋平,矢嶋摂子 日本化学会第97春季年会 慶應大学日吉キャンパス pp.3B5-09 (2017年3月)
  11. 流動油面上真空蒸着法および熱分解法で合成されたオレイン酸修飾銀ナノ粒子の配位子交換反応の比較検討 岡田宗一郎,中原佳夫,家永隆史,渡辺充,玉井聡行,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第97春季年会 慶應大学日吉キャンパス pp.3B5-10 (2017年3月)

2015年度

  1. 異なる捕集液を用いる流動油面上真空蒸着法によって合成された銀ナノ粒子の分析 中原佳夫,家永隆史,木村恵一 第75回分析化学討論会 山梨大学甲府キャンパス pp.B1012 (2015年5月)
  2. 生体試料のイオン定量のためのオリゴエチレングリコール誘導体化学修飾ゾルーゲル感応膜の開発 石垣裕真,矢嶋摂子,田中睦生,木村恵一 日本分析化学会第64年会 九州大学伊都キャンパス pp.M1018 (2015年9月)
  3. プロトン解離型蛍光性カリックス[4]アレーンを抽出剤として用いるナトリウムイオンの抽出蛍光光度定量 中原佳夫,古野雄太,岩本仁志,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第64年会 九州大学伊都キャンパス pp.K2002 (2015年9月)
  4. 流動油面上真空蒸着法を用いて製造されたオレイン酸修飾銀ナノ粒子の配位子交換の検討 家永隆史,中原佳夫,玉井聡行,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第64年会 九州大学伊都キャンパス pp.C2009 (2015年9月)
  5. 銀ナノ粒子の局在表面プラズモン吸収を用いるL-システインの簡易比色検出 早田兼三,門晋平,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第64年会 九州大学伊都キャンパス pp.C3004 (2015年9月)
  6. ポリシルセスキオキサンをゲート絶縁膜に用いたフレキシブルなペンタセントランジスタ 八木一樹,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第76回応用物理学会秋季学術講演会 名古屋国際会議場 pp.13p-PA4-14 (2015年9月)
  7. ポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜の表面処理によるペンタセン薄膜トランジスタのキャリア移動度向上 道浦大祐,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第63回応用物理学会春季学術講演会 東京工業大学 pp. 19a-P4-3 (2016年3月)
  8. リン酸銀コロイドを前駆体とする中空銀ナノシェルの合成と評価 古谷雄哉, 門晋平, 矢嶋摂子 日本化学会第96年会 同志社大学京田辺キャンパス pp.1B7-01 (2016年3月)
  9. 流動油面上真空蒸着法を用いて合成された銀ナノ粒子表面におけるオレイン酸の吸着状態の分析 家永隆史, 中原佳夫, 渡辺充, 玉井聡行, 矢嶋摂子, 木村恵一 日本化学会第96年会 同志社大学京田辺キャンパス pp.1B7-31 (2016年3月)
  10. オリゴエチレングリコール誘導体化学修飾ゾルーゲル感応膜の性能評価, 石垣裕真, 矢嶋摂子, 田中睦生, 木村恵一 日本化学会第96年会 同志社大学京田辺キャンパス pp.2B3-47 (2016年3月)

2014年度

  1. ポリシルセスキオキサンをゲート絶縁膜に用いたTIPS-pentaceneトランジスタの作製 松田悠,中原佳夫,道浦大輔,宇野和行,田中一郎 第75回応用物理学会秋季学術講演会 北海道大学札幌キャンパス pp.19p-PA7-13 (2014年9月)
  2. 2-テノイルトリフルオロアセトン化学結合型シリカを用いるネオジムイオン回収の検討 岩橋香純,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第63年会 広島大学東広島キャンパス pp.M3003Y (2014年9月)
  3. 流動油面上真空蒸着法において異なる捕集液を用いて製造された銀ナノ粒子の粒径および形状評価 家永隆史,中原佳夫,玉井聡行,木村恵一 日本分析化学会第63年会 広島大学東広島キャンパス pp.J3004 (2014年9月)
  4. 原子移動ラジカル重合を用いて合成した水溶性高分子被覆近赤外蛍光性量子ドットの水溶液中における蛍光特性 国津洋希,川ノ上貴裕,中原佳夫,尾崎信彦,玉井聡行,木村恵一 日本分析化学会第63年会 広島大学東広島キャンパス pp.J3002Y (2014年9月)
  5. プラズモンセンシングのための銀ナノシェルのワンポット合成と吸収波長の制御 横峯翔一,門晋平,木村恵一日本分析化学会第63年会 広島大学東広島キャンパス pp.J3003 (2014年9月)
  6. 銀ナノ粒子の局在表面プラズモンを用いるセンシング 門晋平,木村恵一 日本分析化学会第63年会 広島大学東広島キャンパス pp.J3001 (2014年9月)
  7. 2-テノイルトリフルオロアセトン誘導体化学結合型シリカゲルを用いる希土類金属回収の検討 岩橋香純,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.3B4-44 (2015年3月)
  8. 炭酸イオン選択性分子ピンセット型トリフルオロアセトフェノン誘導体を用いるイオノフォア化学結合型ゾルーゲル感応膜のイオンセンサー性能 石垣裕真,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.2B4-37 (2015年3月)
  9. 尿素部位を含む低分子ゲル化剤を用いたイオンセンサーの性能とゲル化膜の分光学的検討 板垣友祐,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.2B4-36 (2015年3月)
  10. 1つのベンゾフラザン部位と3つのエチルエステル部位を有するカリックス[4]アレーン誘導体の蛍光特性 古野雄太,中原佳夫,岩本仁志,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.3B4-45 (2015年3月)
  11. スピロベンゾピランとオリゴエチレングリコールで化学修飾されたシリカナノ粒子の光異性化挙動 城谷直也,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.2A7-33 (2015年3月)
  12. 多孔性シリカ被覆金ナノロッドの近傍に存在する化合物の分光学特性に与える影響 武田涼子,中原佳夫,玉井聡行,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.1C1-52 (2015年3月)
  13. 様々な種類の保護剤を含む非極性溶媒を用いる合成された銀ナノ粒子の特性評価家永隆史,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.1C1-10 (2015年3月)
  14. チオシアン酸銀の還元により合成される銀ナノシェルの粒径およびシェル厚の制御 横峯翔一,門晋平,木村恵一 日本化学会第95春季年会 日本大学理工学部船橋キャンパス/薬学部 pp.1C1-08 (2015年3月)
  15. 紫外線重合したポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜を用いたペンタセン薄膜トランジスタ 芝尾秀人,中原佳夫,宇野和行,田中一郎 第62回応用物理学会春季学術講演会 東海大学湘南キャンパス pp.12p-P12-9 (2015年3月)

2013年度

  1. 低分子ゲル化剤を感応膜材料とするイオンセンサー性能とゲル化膜の構造 矢嶋摂子,高見健人,尾崎温美,板垣友祐,木村恵一 第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 和歌山大学栄谷キャンパス pp.B-16 (2013年5月)
  2. 尿素部位を含む低分子ゲル化剤を感応膜材料として用いるイオンセンサー 板垣友祐,矢嶋摂子,木村恵一 第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 和歌山大学栄谷キャンパス pp.1P-34 (2013年5月)
  3. カチオン性ポルフィリンによるグアニン四重鎖構造の安定化の原子間力顕微鏡観察 舩山遼斗,中原佳夫,門晋平,田中睦生,木村恵一 第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 和歌山大学栄谷キャンパス pp.2P-34 (2013年5月)
  4. ナトリウムイオン抽出蛍光定量を目的としたダンシル部位を有するカリックス[4]アレーン誘導体の分子設計 古野雄太,中原佳夫,岩本仁志,木村恵一 第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 和歌山大学栄谷キャンパス pp.1P-02 (2013年5月)
  5. ジピコリルアミン亜鉛錯体で機能化した探針を用いるイオン認識AFMイメージング 原田宝加,門晋平,木村恵一 第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 和歌山大学栄谷キャンパス pp.2P-02 (2013年5月)
  6. ジピコリルアミン亜鉛錯体を化学結合した逆オパールヒドロゲルを用いる視認型リン酸イオンセンサー 大西卓也,門晋平,木村恵一 第10回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 和歌山大学栄谷キャンパス pp.2P-01 (2013年5月)
  7. 紫外線により重合したポリシルセスキオキサンゲート絶縁膜の検討 芝尾秀人,中原佳夫,木村恵一,宇野和行,田中一郎 第74回応用物理学会秋季学術講演会 同志社大学京田辺キャンパス pp.18p-P8-10 (2013年9月)
  8. アミド基を有する低分子ゲル化剤を用いるイオンセンサーの性能評価とゲル化膜の分光学的検討 尾崎温美,高見健人,矢嶋摂子,保科宏道,鈴木晴,石井伸也,大谷知行,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.I3018 (2013年9月)
  9. 尿素部位含有低分子ゲル化剤を用いるイオンセンサーの性能評価 板垣友祐,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.I3019Y (2013年9月)
  10. 分子ピンセット型トリフルオロアセトフェノン誘導体を炭酸イオノフォアとして用いるイオノフォア化学結合型ゾルーゲル感応膜のセンサー性能 石垣裕真,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.I3020 (2013年9月)
  11. 抗菌ペプチドで化学修飾した金ナノ粒子のリン脂質ベシクルに対するプラズモン応答 得津雄哉,門晋平,中村允,中原佳夫,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.P3083 (2013年9月)
  12. 原子移動ラジカル重合を用いて合成した水溶性高分子被覆シリコン量子ドットと蛍光特性の評価 川ノ上貴裕,町谷和輝,中原佳夫,戸井基道,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.Y1118 (2013年9月)
  13. 希土類金属錯体を化学結合したシリカナノ粒子の設計と水溶液中における蛍光特性 武田涼子,巽洋一,中原佳夫,戸井基道,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.Y1111 (2013年9月)
  14. 分子認識センシングのための機能性ナノ粒子の設計 中原佳夫,門晋平,木村恵一日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.D1006S (2013 9月)
  15. 原子間力顕微鏡を用いるカチオン性ポルフィリンによるグアニン四重鎖構造の安定化効果の定量評価 舩山遼斗,中原佳夫,門晋平,田中睦生,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.D1009Y (2013年9月)
  16. ジピコリルアミン亜鉛錯体で機能化した逆オパールヒドロゲルによる視認型リン酸イオンセンサーの設計 大西卓也,門晋平,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.P3085 (2013年9月)
  17. 銀ナノ粒子のプラズモン吸収に基づくハロゲン化物イオンの簡易比色センシング横峯翔一,門晋平,木村恵一 日本分析化学会第62年会 近畿大学東大阪キャンパス pp.D2002 (2013年9月)
  18. アミド基含有低分子ゲルのテラヘルツスペクトルの溶媒効果 板垣友祐,保科宏道,尾崎温美,矢嶋摂子,鈴木晴,大谷知行,木村恵一 日本分光学会テラヘルツ分光部会シンポジウム,テラヘルツ分光法の最先端VII京都大学北部総合教育研究棟 pp.P-21 (2013年10月)
  19. アミド基を有する低分子ゲル化剤を用いるイオンセンサー用ゲル化膜のテラヘルツ分光 尾崎温美,保科宏道,板垣友祐,矢嶋摂子,鈴木晴,石井伸也,石田美咲,内山哲治,大谷知行,木村恵一 日本分光学会テラヘルツ分光部会シンポジウム,テラヘルツ分光法の最先端VII 京都大学北部総合教育研究棟 pp.P-12 (2013年10月)
  20. イオンセンサー用アミド基含有低分子ゲルの性能評価と分光学的手法によるゲル構造の検討 尾崎温美,板垣友祐,矢嶋摂子,大崎秀介,保科宏道,鈴木晴,大谷知行,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.1E2-41 (2014年3月)
  21. 尿素部位を含む低分子ゲル化剤を感応膜材料として用いるイオンセンサーの性能板垣友祐,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.1E2-42 (2014年3月)
  22. 流動するソルビタン脂肪酸エステル溶液中への真空蒸着による銀ナノ粒子の合成と粒径制御 家永隆史,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.3C5-45 (2014年3月)
  23. 溶媒分散性SiO2@TiO2コア-シェル型ナノ粒子の合成とその光化学物性 林崎将大,中原佳夫,尾崎信彦,玉井聡行,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.3C5-42 (2014年3月)
  24. カチオン性ポルフィリンによるグアニン四重鎖構造安定化のAFMフォース測定による定量評価の試み 舩山遼斗,中原佳夫,門晋平,田中睦生,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.2G1-20 (2014年3月)
  25. ジピコリルアミン亜鉛錯体で化学修飾した探針を用いるリン脂質膜のAFM イメージングの検討 原田宝加,門晋平,田中睦生,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.1E2-39 (2014年3月)
  26. 特異な銀ナノシェル生成反応に基づくチオシアン酸イオンの簡易比色センシング横峯翔一,門晋平,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.3E2-49 (2014年3月)
  27. 銀ナノ粒子生成反応に基づくハロゲン化物イオンの簡易比色センシング 横峯翔一,門晋平,玉井聡行,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.3C5-39 (2014年3月)
  28. 含硫黄化合物により規制される銀ナノ粒子生成反応を用いるL-システインの比色センシングの検討 早田兼三,門晋平,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.3C5-38 (2014年3月)
  29. 近赤外吸収を示す銀ナノシェルの簡便合成 横峯翔一,門晋平,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.3C5-37 (2014年3月)
  30. ジピコリルアミン亜鉛錯体で機能化した逆オパールヒドロゲルを用いるリン酸および炭酸水素イオンの比色センサー 大西卓也,門晋平,木村恵一 日本化学会第94春季年会 名古屋大学東山キャンパス pp.1C3-18 (2014年3月)

2012年度

  1. アミド基含有低分子ゲル化剤を感応膜材料とするイオンセンサーの性能評価 矢嶋摂子,高見健人,木村恵一 第9回ホスト・ゲスト化学シンポジウム 北海道大学札幌キャンパス pp.2P-11 (2012年5月)
  2. 逆オパールヒドロゲルの構造色変化に基づく水溶液中アニオンの視認センシング大谷陽香,安田祐一郎,門晋平,中原佳夫,木村恵一 第72回分析化学討論会 鹿児島大学郡元キャンパス pp.B1011 (2012年5月)
  3. ポリシルセスキオキサンをゲート絶縁膜に用いたペンタセン薄膜トランジスタ芝尾秀人,河村眞人,中原佳夫,坂本英文,宇野和行,木村恵一,田中一郎 第73回応用物理学会秋季学術講演会 松山大学,愛媛大学 pp.13p-PB2-8 (2012年9月)
  4. 分子ピンセット型トリフルオロアセトフェノン誘導体化学結合型ゾルーゲル感応膜を用いる炭酸イオンセンサー 石垣裕真,矢嶋摂子,木村恵一 日本分析化学会第61年会 金沢大学角間キャンパス pp.K1004 (2012年9月)
  5. 抗菌ペプチド化学修飾金ナノ粒子の合成とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の細胞膜模倣ベシクルに対する応答性 得津雄哉,門晋平,中村允,中原佳夫,木村恵一 日本分析化学会第61年会 金沢大学角間キャンパス pp.I3008 (2012年9月)
  6. シッフ塩基形成反応を用いる化学結合型希土類金属錯体内包シリカナノ粒子の合成と水溶液中における蛍光特性 巽洋一,中原佳夫,木村恵一 日本分析化学会第61年会 金沢大学角間キャンパス pp.I1007 (2012年9月)
  7. クラウンエーテル誘導体化学結合型不斉メソポーラスシリカを用いるエナンチオマーの電気化学的検出の検討 中川祐介,大崎秀介,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.2G1-09 (2013年3月)
  8. ピリジニウム系イオン液体の疎水化反応を利用した金属イオンの均一液液抽出 大塚晃司,大崎秀介,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.1G1-43 (2013年3月)
  9. 環境水中の重金属イオン分析のためのシッフ塩基化学修飾シリカの開発 DOUANGPHILA Phoutthavanh,矢嶋摂子,木村恵一 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.1G1-07 (2013年3月)
  10. 原子移動ラジカル重合を用いる水溶性高分子被覆シリコン量子ドットの合成と水溶液中における蛍光特性 町谷和輝,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第93春季年会立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.3A6-33 (2013年3月)
  11. 抗菌ペプチドで化学修飾した金ナノ粒子のメシリン耐性黄色ブドウ球菌の細胞膜を模倣したベシクルに対するプラズモンセグ応答性の検討 日本化学会第93春季年会得津雄哉,門晋平,中村允,中原佳夫,木村恵一 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.3A6-32 (2013年3月)
  12. クラウン化スピロベンゾピランの金属イオン錯形成反応の原子間力顕微鏡による観察 炭永裕介,門晋平,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.2C2-28 (2013年3月)
  13. 蛍光性希土類金属錯体を化学結合したシリカナノ粒子の合成と水溶液中における蛍光挙動の評価 巽洋一,中原佳夫,秋元郁子,木村恵一 日本化学会第93春季年会立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.1A6-46 (2013年3月)
  14. 光学活性クラウンエーテル化学修飾AFM探針による金基板に固定されたシステインの不斉認識評価 三谷仁紀,中原佳夫,門晋平,木村恵一 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.1G1-44 (2013年3月)
  15. イオン交換基としてカルボキシル基を有するポリ(N-イソプロピルアクリル アミド)ハイドロゲルを用いるセシウムイオンの温度スイング固相抽出 堀口将,中原佳夫,木村恵一 日本化学会第93春季年会 立命館大学びわこ・くさつキャンパス pp.1G1-42 (2013年3月)

学会発表(海外)

2019年度

  1. Influence of Hydrophobic Groups in Sodium Alkylsulfates and Sodium Bis (2-ethylhexyl)sulfosuccinate on Air-Water Interfacial Dilational Viscoelasticity and Their Foam Properties, Keita Aono, Furitsu Suzuki, Yoshihiro Yomogida, Tetsuya Okano, Shinpei Kado, Yoshio Nakahara, Setsuko Yajima, Okinawa colloids 2019 (Nago, Japan) pp. PT02-02 (November, 2019)
  2. Coalescence of Tri-n-octylphosphine-oxide-Capped Silver Nanoparticles by the Addition of Chloride Salt in Organic Solvent at Room Temperature, Soichiro Okada, Yoshio Nakahara, Mitsuru Watanabe, Toshiyuki Tamai, Setsuko Yajima, Okinawa colloids 2019 (Nago, Japan) pp. PT06-04 (November, 2019)
  3. Colloidal Stabilization of Quantum Dots in Water by Atom Transfer Radical Polymerization with Methoxy[oligo(ethyleneglycol)] Methacrylate, Yoshio Nakahara, Kazuki Machiya, Hiroki Kunitsu, Mutsuo Tanaka, Setsuko Yajima, Okinawa colloids 2019 (Nago, Japan) pp. PS04-02 (November, 2019)

2016年度

  1. Modification of PEN and PET Film Surfaces by Plasma Treatment, Layer-by-Layer Assembly of Polyelectrolyte Multilayer Thin Films and Electroless Deposition, Toshiyuki Tamai, Mitsuru Watanabe, Yoshio Nakahara, Keiichi Kimura, RadTech Asia 2016 (Tokyo, Japan) pp.G1-06 (October, 2016)

2015年度

  1. Comparison of silver nanoparticles prepared by physical and chemical synthetic methods using the same protective agents, Takashi Ienaga, Yoshio Nakahara, and Keiichi Kimura, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) pp.MTLS 2515 (December, 2015)
  2. Development of biocompatible ion sensors based on sol-gel glass modified chemically with oligoethylene glycol derivative, Hiromasa Ishigaki, Setsuko Yajima, Mutsuo Tanaka, Keiichi Kimura, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) pp.ANYL282 (December, 2015)
  3. Synthesis of silica nanoparticles modified chemically with terbium complexes through Schiff base formation and their fluorescence properties in water, Yoshio Nakahara, Yoichi Tatsumi, Ikuko Akimoto, Shusuke Osaki, Motomichi Doi, Keiichi Kimura, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (Hawaii, USA) pp.P1-42 (December, 2015)

2014年度

  1. Terahertz vibrational spectroscopy of hydrogen bonds and higher-order conformation of macromolecules, Hiromichi Hoshina, Hal Suzuki, Shigeki Yamamoto, Yukihiro Ozaki, Setsuko Yajima, Chiko Otani, SPIE Photonics Asia 2014, Beijing International Convention Center (Beijing, China) pp.9275-57 (October, 2014)
  2. High-mobility 6,13-bis(triisopropylsilylethynyl) pentacenetransistors using solution-processed polysilsesquioxane gate dielectric layers, Yu Matsuda, Yoshio Nakahara, Daisuke Michiura, Kazuyuki Uno, Ichiro Tanaka, The 11th International Conference on Nano-Molecular Electronics, Kobe International Conference Center (Kobe, Japan) pp.P1-43 (December, 2014)
  3. Investigation of ultraviolet light curable polysilsesquioxane gate dielectric layers for pentacene thin film transistors, Hideto Shibao, Yoshio Nakahara, Kazuyuki Uno, Ichiro Tanaka, The 11th International Conference on Nano-Molecular Electronics, Kobe International Conference Center (Kobe, Japan) pp.P1-42 (December, 2014)

2013年度

  1. Highly selective sensing of hydrophilic anions based on structural-color change of inverse opal hydrogel functionalized with a thiourea group, Shinpei Kado, Haruka Otani, Yoshio Nakahara, Keiichi Kimura, The 245th American Chemical Society National Meeting, New Orleans Downtown Marriott (New Orleans, USA) pp.ANYL 289 (April, 2013)
  2. Sugar-selective imaging of mannose by atomic force microscopy using probe tips modified chemically with concanavalin A, Shigeto Inoue, Yoshio Nakahara, Shinpei Kado, Mutsuo Tanaka, Keiichi Kimura, The 245th American Chemical Society National Meeting, New Orleans Downtown Marriott (New Orleans, USA) pp.COLL 429 (April, 2013)
  3. Photocontrollable Release of Entrapped Organic Dyes from Polymeric Micelles Consisting of Benzo-18-Crown-6/Crowned-Spirobenzopyran Copolymers in Water, Yoshio Nakahara, Yuki Okazaki, Keiichi Kimura, The 7th International Symposium on Organic Photochromism, Humboldt University (Berlin, Germany) pp.session 2-10 (September, 2013)
  4. Photocontrollable Chromatographic Separation of Alkali Metal Ions Using Crowned-Spirobenzopyran-Immobilized Silica, Yoshio Nakahara, Yuki Yamaguchi, Hitoshi Iwamoto, Hidefumi Sakamaoto, Keiichi Kimura, The 7th International Symposium on Organic Photochromism, Humboldt University (Berlin, Germany) pp.session 2-9 (September, 2013)
  5. Sol-Gel Transition Of Supramolecular Gels Observed By Terahertz Spectroscopy, Hiromichi Hoshina, Atsumi Ozaki, Yusuke Itagaki, Setsuko Yajima, Hal Suzuki, Shinya Ishii, Misaki Ishida, Tetsuji Uchiyama, Keiichi Kimura, Chiko Otani The 38th International Conference on Infrared, Millimeter and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2013) (Mainz, Germany) pp.Fr1-4 (September, 2013)
  6. Ion Sensor Properties of Sol-Gel-Derived Membranes Modified Chemically with Molecular Tweezer-Type Trifluoroacetophenone Derivative as Carbonate Ionophore, Hiromasa Ishigaki, Setsuko Yajima, Keiichi Kimura, Pittcon 2014 Conference & Expo (Chicago, USA) pp.1430-15P (March, 2014)

2012年度

  1. Ion-recognition imaging by chemical force microscopy using ionophore-modified probe tip, Sinpei Kado, Yoshio Nakahara, Keiichi Kimura, International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference 2012, Sendai International Center (Sendai, Japan) pp.S4P16-53 (May, 2012)
  2. Alkali metal ion sensing using silica nanoparticles modified chemically with crown ethers, International Association of Colloid and Interface Scientists, Yoshio Nakahara, Haruna Kawa, Takafumi Hayashi, Keiichi Kimura, International Association of Colloid and Interface Scientists, Conference 2012, Sendai International Center (Sendai, Japan) pp.S2P15-33 (May, 2012)
  3. Self-assembly of benzo-18-crown-6/crowned-spirobenzopyran copolymers in water and controlled release of entrapped organic dyes by photoirradiation, Yoshio Nakahara, Yuki Okazaki, Keiichi Kimura, The 244th American Chemical Society National Meeting, Pennsylvania Convention Center (Philadelphia, USA) pp.COLL 360 (August, 2012)
  4. Ion-selective imaging by frictional force microscopy based on ion recognition of ionophores attached to probe tips, Sinpei Kado, Yoshio Nakahara, Keiichi Kimura, The 244th American Chemical Society National Meeting, Pennsylvania Convention Center (Philadelphia, USA) pp.COLL 154 (August, 2012)

ページの先頭へ

本文ここまで