グループウェア研究室





研究紹介

 グループウェア(Groupware)とは,複数の計算機がネットワークを介して協調し, 作業を効率化・円滑化する仕組みの事をいい,IT(Information Technology)の 基盤となるものです.研究対象はIT全般(インターネット,Webサービス, ネットワークゲーム,電子会議,インスタントメッセンジャー等)ですが, その中でも現在は下記の3項目に力を注いでいます.

 簡単で分かりやすい操作を目指し,MR や絵文字,小型 ロボット,GPS や心拍センサ,ペルチェ素子などの新しい 入出力機器を用いたシステムの研究・開発に取り組んで います.デジタルとアナログを融合した映像投影型ボード ゲーム“アベノミックス”などを開発しています.



 MRを活用した映像投影型ボードゲーム“アベノミックス”


 会話の雰囲気に応じてキャラクタの表情や動作が変化す るチャット,Twitter やSNS を利用して地域の情報を共有 するシステムなど,コミュニケーション相手との関係を考 慮したチャットシステムやSNS の応用研究を行っていま す.また,食卓での会話促進や,対面コミュニケーション を支援するシステムにも取り組んでいます.



 漫画要素の組み合わせにより感情を伝えるチャットシステム



 視覚的に話題を提供する雑談支援システム“しまトーク”


 企画を立てる時によく使う発想法を中心とした「知」の 総合的な支援にずっと取り組んでいます.特に「どのよう にすれば良いアイデアが生まれるか」をテーマに日夜研究 に励んでいます.最近では心拍の変動に基づいた発想支援 システムを研究しています.



   研究室トップ研究室紹介研究概要研究者紹介

  ■Copyright (c) 2006-2019 Munemori Lab. All rights reserved.
  ■mailto: munemori@wakayama-u.ac.jp