NASE-Japan 2019

天文学分野の国際的な教員研修

2019年11月、大阪にて開催


申し込み / Application

こくちーずによる申し込みサイト / Applicatoin site by a service, Kokucheese (in Japanese)
NASE-Japan 2019

こくちーずによる申し込みがわかりにくい時は、直接富田まで連絡をください。
If you have trouble applying from the Kokucheese site, feel free to send email to:
富田晃彦 Tomita, Akihiko: atomita -at- wakayama-u.ac.jp

案内チラシ / Flier

案内チラシ / Flier(2019年2月24日版; 24 February 2019)(PDF)

案内チラシ / Flier(2019年1月10日版; 10 January 2019)(PDF)

ご挨拶 / Welcome message

国際天文学連合(IAU)の天文教育の作業部会が開発してきた教員研修プログラム、 NASE: Network for Astronomy School Education を開催します。 NASE は世界天文年の2009年に始まり、世界で100回以上の開催がなされている、 学習サービスについての ISO 29990 を取得している世界規模の研修です。 日本での開催は、これが初めてになります。 NASE の特徴は、 日本の学校のカリキュラムにおける小学校から高校までの天文分野の内容を網羅していること、 天体観測についての内容が充実していること、 そして工作作業を豊富に取り入れ、実践的内容が豊富であることです。 日本の天文分野での教材開発や工夫はすでに高い水準にあり、 また、NASE の内容はすでに多くの学校教員によって開発されてきたことと重なります。 NASE の内容に触れることで、 普段の教育実践が世界の実践と同じ方向のものであることを確認しつつ、 さらに普段の実践を向上させることを支援したいと思います。 同時に、日本の天文教育の実践者が世界へ、 より貢献していくための環境づくりを支援したいと思います。 NASE では、天文学は世界の多くの文化が長い時間をかけて共同で作り上げてきた文化的な ものであることも強調しています。 NASE-Japan 2019 は日本語・英語の2ヶ国語同時で進めてまいります。 すべて日本語で受講いただけると同時に、 講座内容をすべて英語でもお聞きいただけます。 受講費は無料です。

The NASE-Japan local organizing committee will host NASE: Network for Astronomy School Education, a teacher training course developed under a working group of the International Astronomical Union. The course started in 2009, which is also the International the Year of Astronomy, and has already more than 100 classes around the world. It is a global training program authenticated by ISO 29900 for learning services in non-formal education and training. NASE features a wide coverage of the Japanese curriculum from Elementary to Senior High School, it has a lot of astronomical observations and rich content of hands-on and minds-on activities. The astronomy teaching material development in Japan already has a high quality, and most of the contents of NASE overlap with what many Japanese teachers have developed. We would like to help the participants improve their teaching competencies and to confirm if their everyday practice is in line with the global trend. We would also like to help create an environment where Japanese astronomy educators contribute to the global astronomy education community. NASE emphasizes that astronomy has a long history and is a result of a collaborative effort by various cultures in the world. NASE-Japan 2019 will use two languages simultaneously, Japanese and English. The participants can attend all the classes in Japanese or in English. The participation fee is free of charge.

年齢や経歴は問いませんので、興味がございましたらどなたでも歓迎です。 NASE は中等学校の教員研修として開発されたもので中学・高校の先生方に大変適していますが、 内容は小学校段階のものを多く含んでおり、小学校の先生方にも大変お薦めです。 高校の科目でいえば地学や物理の分野に相当しますが、 実践的内容が豊富で文化的な面も含んでいることから、 興味がございましたらご担当の教科を問わず楽しんでいただけます。 現職の先生だけでなく、これから先生を目指す方、また、退職なさった方も歓迎です。 学校外のさまざまな場で教育あるいは広報普及に携わっている方の参加も歓迎です。 直接教育に関わっていなくても興味をお持ちの方であれば、どなたも歓迎です。 講座の水準は、下記スライド資料を参考にしてください。 学校の生徒のみなさんも歓迎です。 全日程参加を原則としていますが、 ご都合に合わせて一部参加の方も歓迎します。

Regardless of age and background, we welcome everyone who is interested in NASE-Japan 2019. NASE has been developed for secondary school teacher training program, so junior and senior high school teachers are very much welcome. The contents also include related topics at the primary school level, so elementary school teachers are also very much welcome. Although the contents are related to Earth Science and Physics, there are also many hands-on and minds-on contents including cultural ones, so teachers regardless of their subjects are welcome. Not only in-service teachers but also pre-service teachers and retired teachers are also welcome. Those who are engaged in informal education or outreach activities are welcome as well. Even though not directly related to education, anyone who is interested in the course is also welcome. School students are welcome, too. The level of the course can be estimated from the slide materials shown below. We expect the participants to attend full two days, but it is also possible to attend partially depending on your schedule.


日時 / Schedule

2019年11月9日(土)、10日(日)/ 9 (Saturday), 10 (Sunday) November 2019
いずれも午前8時から午後8時 / From 8 am to 8 pm in both days

講師 / Lecturers
ロサ・ロス / Rosa Ros(NASE代表、スペイン / President of NASE, from Spain)
ベアトリズ・ガルシア / Beatriz García(NASE副代表、アルゼンチン / Vice president of NASE, from Argentina)
富田晃彦・中串孝志 / Akihiko Tomita, Takashi Nakakushi(和歌山大学教員 / staff of Wakayama University)
福江純・松本桂 / Jun Fukue, Katsura Matsumoto(大阪教育大学教員 / staff of Osaka Kyoiku University)
上之山幸代・鷺坂奏絵 / Sachiyo Uenoyama, Kanae Sagisaka(和歌山大学大学院生 / graduate students of Wakayama University)


会場 / Venue

大阪教育大学 / Osaka Kyoiku University 天王寺キャンパス / Tennoji Campus
大阪市天王寺区南河堀町4-88 / 4-88 Minami-Kawahori-cho, Tennoji-ku, Osaka City


スライド資料 / Slide material (PDF)