基礎講習塾生募集!塾長は観光カリスマ・山田桂一郎氏!南紀熊野観光塾<第6期>

文字サイズの変更

ホーム > お知らせ > 基礎講習塾生募集!塾長は観光カリスマ・山田桂一郎氏!南紀熊野観光塾<第6期>

お知らせ

基礎講習塾生募集!塾長は観光カリスマ・山田桂一郎氏!南紀熊野観光塾<第6期>

2018.11. 9

観光カリスマ・山田桂一郎氏が塾長をつとめる

南紀熊野観光塾第6期【基礎講習】が、ついに開催されます!

和歌山大学 南紀熊野観光塾第6期 【基礎講習】  開催概要

<日時・会場>

前編、基礎コース日程:平成30年11月29日(木)、30日(金)

会場...田辺市(和歌山県立情報交流センタービッグユー情報実習室2、他)

 

<プログラム>

 講師: 山田桂一郎塾長(JTIC.SWISS代表、観光カリスマ、日本エコツーリズム協会理事、和歌山大学客員教授)

       出口竜也(和歌山大学観光学部観光経営学科教授)

     竹林浩志(和歌山大学観光学部観光経営学科准教授)

     此松昌彦(和歌山大学教育学部理科教育教授)

 

 <趣旨>

南紀熊野観光塾は、「選ばれ続ける地域」をモットーに南紀熊野のあるべき姿を考える塾として開塾。魅力的で持続可能な地域づくりの仕組みを担う中核的な人材を育成することを目指して開講しています。塾では、単に観光を基軸とした地域づくりの先進的な事例を学ぶだけでなく「南紀熊野地域」が抱える諸問題・課題を共有し、顧客に選ばれ続ける地域になるための方策を探るワークショップやセミナーでの意見交換など、塾を通じて各地で活躍されている方々の新たな繋がりと交流の輪を広げることで地域活性化を推進することを期待。

 

<内容>

別添リーフレットご確認ください。記載の内容は変更することもあります。

②【基礎講習リーフレット】南紀熊野観光塾第6期.pdf

③【基礎講習プログラム】南紀熊野観光塾第6期.pdf

 

<定員・参加費>

定員:各15名~20名程度募集  参加費:1万円

 

<参加・申込方法>

以下のPDFかエクセルに全てご記入の上メールまたはFAXにてお申し込みください。 

④南紀熊野観光塾第6期【基礎講習入塾申込用紙】.pdf

⑤南紀熊野観光塾第6期【基礎講習入塾申込用紙】.xlsx

   

<申込期限>

平成30年11月24日(土)17時  申込先:和歌山大学南紀熊野サテライト 

 

<問い合せ先>

和歌山大学南紀熊野サテライト 南紀熊野観光塾 事務局古久保、竹内

〒646-0011 和歌山県田辺市新庄町3353-9 Big・U102号室

TEL 0739-23-3977 FAX0739-23-3978 (火曜日~土曜日AM10:00~PM5:00)

Email :nankuma@center.wakayama-u.ac.jp HP:http://www.wakayama-u.ac.jp/nanki-kumano

※授業開催日や出張によってオフィスをお休みする時間がございます。

山田先生2016.jpg

山田桂一郎塾長プロフィール(JTIC SWISS 代表、観光カリスマ)三重県津市生まれ

1987年 スイス・ツェルマット観光局 日本人対応インフォメーション、セールスプロモーション担当

1992年 JTIC.SWISS(スイス 日本語インフォメーションセンター)設立

1996年 環境省環境カウンセラー(事業者部門)

1996年 スイス・ヴァレー州観光局日本・アジア向けプロモーション担当

1999年 Mt.6(ベスト・オブ・ザ・クラッシック・マウンテンリゾート)環境政策とCS(顧客満足度推進)顧問

2003年 環境省環境カウンセラー(市民部門)

2004年 特定非営利活動法人日本エコツーリズム協会理事、まちづくり観光研究所主席研究員

2005年 内閣府、国土交通省、農林水産省「観光カリスマ百選」認定

2006年 日本エコウォーク環境貢献推進機構委員

2010年 総務省「地域力創造アドバイザー」

2011年 和歌山大学産学連携研究支援センター客員教授、北海道大学観光学高等教育センター客員准教授

2014年 にっぽん炊き込みごはん協会代表

2015年 内閣府官房「地域活性化伝道師」

2015年 和歌山大学教育研究アドバイザー

2016年 内閣官房「クールジャパン地域プロデューサー」

2016年 北海道大学観光学高等教育センター客員教授、奈良県立大学客員教授

2016年 ジャパンエコトラック推進協議会理事

2017年 和歌山大学南紀熊野サテライト客員教授

2005年に観光カリスマ(内閣府・国土交通省(観光庁)・農林水産省 認定):「世界のトップレベルの観光ノウハウを各地に広めるカリスマ」として、これまでのヨーロッパを中心とした環境保全(環境保護・保全活動プログラム、環境教育、環境アセスメント等。海外在住者として初めて日本の環境省に登録された環境カウンセラー)と世界各地における滞在プログラム・ツアーの実施と観光・集客交流の事業化、マーケティングの経験を活かし、観光・地域振興(まちおこし・自立型地域経営、サービス向上、人材育成や中心市街地・商店街活性化等)に関する講演やセミナーの講師として全国各地から招聘されている。また、日本国内でも地域振興のコンサルタントとして様々な事業化(特に地域経営マネージメントの組織化)を進め、多方面で積極的に事業活動を展開し、多くの実質的な成果と結果を残す。民間企業やNPO法人の他にも多くの省庁や地方自治体の委員、プロデューサー、コーディネーター、アドバイザーを務め、大学や高等教育機関でも教鞭をとっている。近年は観光庁「訪日観光セミナー」講師、ミシュラン・グリーンガイドの取材コーディネイトも行う。2011年には週刊日経ビジネス誌において「次代を創る100人」の一人として選出された。

欧州では、ヨーロッパ・アルプス並びにスイス全土に渡る取材・撮影のコーディネーター、ライター(日本旅行作家協会 会員)、ビデオカメラマン、通訳としても活動。冬は、現地で唯一の日本人スキー教師、夏は、ハイキング、トレッキングガイドでもある。

スポーツに関しては、山以外でもセーリング(ヨット)競技の元国体選手であり、パラグライダーで空も飛ぶ。陸海空の全てをフィールドとしている。