※重要「熊野郷土学C」受講者の皆様にお知らせ

文字サイズの変更

ホーム > お知らせ > ※重要「熊野郷土学C」受講者の皆様にお知らせ

お知らせ

※重要「熊野郷土学C」受講者の皆様にお知らせ

2018.8. 9

8月25日(土)授業事前学習のご案内

猛暑の候、平素は和歌山大学南紀熊野サテライトに格別のご高配をたまわり、厚くお礼申し上げます。また、この度は「熊野郷土学C」をご受講いただきまして誠に有難うございます。

25日(土)最終回に登壇する教育学部此松先生より紹介いただきましたラジオテキストの自主聴講についてお知らせします。授業日迄に、下記に記載のラジオ資料を聴講、自主学習をお願い致します。

※  ↓ 此松先生のご紹介文です。

内容は、ゲスト講師の山田桂一郎先生が関わった、北海道弟子屈町の観光を利用したまちづくりの話です。住民はかなりの危機感を持ち、滞在型、体験型の町にしようとしたようです。その住民たちが集まって「てしかがえこまち推進協議会」を作りました。そこからの改革で、自治体と住民が協力して、現在の地域資源を利用した弟子屈町の観光があるようです。高校生向けなので、わかりやすく解説されています。

(1)NHK高校講座 ライブラリー 政治・経済 第36回 第3章 

現代社会の諸課題 第1節 日本社会の諸課題 地域社会を活性化するには?

http://www.nhk.or.jp/kokokoza/radio/r2_seikei/archive/chapter036.html

(2)てしかがえこまち推進協議会のホームページです。

http://www.masyuko.or.jp/eco2/index.html