和歌山大学岸和田サテライトのホームページ。和歌山大学の保有する高等教育機能を活用して、泉州・南大阪地域のニーズに対応した諸種の高等教育及び生涯学習・地域連携事業を実施しています。

ホーム  >  学部開放授業・大学院授業について  >  【気象警報発令時の授業の取扱いについて】

【気象警報発令時の授業の取扱いについて】

 
  学部開放授業および大学院授業ご受講者の皆様へ

                                      和歌山大学岸和田サテライト事務室

 

平素は本学にご協力を賜りお礼申し上げます。

さて、10月11日(金曜日)・12日(土曜日)の学部開放授業および大学院授業につきましては、

現在予定通りの開講を予定しています。

しかしながら現在台風19号が接近しているため、警報発生時や交通機関運休については、

下記の通りの取り扱いとしますので、ご周知いただきますようお願いいたします。

また当日本ホームページ(http://web.wakayama-u.ac.jp/kishiwada/)においても記載いたしますので、

併せてご覧いただきますようお願いいたします。

重ねてよろしくお願いいたします。

 

 記

「暴風警報」、「大雨警報」、「大雪警報」が発表された場合および

「南海本線」「JR阪和線」の両線とも運休(運転見合わせを含む)、教員の病欠・事故等の場合は、授業を休止とします。

なお、警報が解除された場合または運行が再開された場合の学部開放授業の取扱いは、次のとおりです。

 【学部開放授業科目別取扱い】

学部開放授業科目

開始時間

休講になる場合

地域ブランド論

午後1

午前10時以降で発令された場合。

 

大学院授業科目

開始時間

休講になる場合

財務会計論特殊問題

午前9

午前7時時点で発表中

租税法実務特殊問題

午後150

午前11時時点で発表中

アメリカ政治経済

午後730

午後5時時点で発表中


 

令和元年度(2019年度)
 
「岸和田サテライトのでの気象警報発表時・交通機関運休時、教員の病欠・事故等の場合における授業の取り扱いについて」(周知)
 
 岸和田テライトでの授業などの休講・実施ついて下記の要領により行うことにしましたのでご周知いただきますようお願いいたします。                
 以下の場合は岸和田サテライトにおいて授業(試験を含む。以下同じ。)休止とします。
 
1.「岸和田市」に「暴風警報」「大雨警報」または「大雪警報」が発表された場合
2.「南海本線」「JR阪和線」の両線とも運休(運転見合わせを含む。)した場合
3.教員の病欠・事故等の場合
 ※ 授業実施中に1.または2.となった場合は、原則としてその時限は実施し、次の時限以降を休止とします。
 
①     学部開放授業について
 同警報が解除された場合または運行が再開された場合の学部開放授業の取扱いは次のとおりです。
午前 6時時点で解除・運行再開されている場合  ⇒  第1時限から実施
午前10時時点で解除・運行再開されている場合 ⇒  第3時限から実施
午後 2時時点で解除・運行再開されている場合  ⇒  第5時限から実施
 
②     大学院(科目等履修)について
 同警報が解除された場合または運行が再開された場合の大学院(科目等履修)の取扱いは次のとおりです。
午前 7時時点で解除・運行再開されている場合  ⇒  第1時限から実施
午前11時時点で解除・運行再開されている場合 ⇒  第3時限から実施
午後 3時30分時点で解除・運行再開されている場合 ⇒  第5時限から実施
 午後5時時点で解除・運行再開されている場合 ⇒ 第7限目から実施
 
③     教員の病欠・事故等の場合
和歌山大学岸和田サテライトのホームページでお知らせします。
 
  ただし、状況によっては上記の取扱いによらず、特別な場合に限り、授業休止または実施とする場合があります。その場合は和歌山大学岸和田サテライトのホームページでお知らせします。
 ※ 授業休止例-地震などの大規模自然災害が起こった場合
  授業実施例-記録的短時間大雨情報が発表され、岸和田サテライトに留まる方が安全と判断される場合